頭皮が敏感になった??そんな時のシャンプーの選び方

ストレスなのか、気候のせいか…ある日突然、今まで使っていたシャンプーでフケやかゆみを感じた事はありませんか? そんな時は、頭皮に優しいタイプのシャンプーを選び、今まで使っていたシャンプーから変えてみると症状がおさまってくれるかもしれません。

 

今回は、そんな時におすすめのシャンプーの選び方をご紹介しましょう。

 

①洗浄力の強い成分は頭皮へのダメージになる まず最初に避けたいのは、洗浄力の強い成分が入ったシャンプー。

 

シャンプーの成分表示は、含まれる成分が多い順に記載しなければならないというルールがあります。

 

そのため、最初から3つくらいの成分がそのシャンプーの大半をしめている成分という事になります。

 

洗浄力が強いアルコール系の成分として代表的なのが、ラウレス硫酸Na・ラウリル硫酸Na・ラウリル硫酸アンモニウムなど。

 

目安としては、これらの「硫酸」という言葉が入った成分が入っているシャンプーは、頭皮をスッキリ洗い上げてくれる代わりに、洗浄力が強すぎるという欠点も。

 

頭皮が敏感になっている時は、避けるべきと言えるでしょう。

 

②添加物も注意 次に注意したいのが、シャンプーの香りを良くしたり、劣化を防ぐ、髪の毛の質感をよくするために配合される添加物にも注意が必要です。

 

代表的な成分は、パラベンなどの防腐剤や合成着色料、合成香料、エタノール(アルコール)、シリコンなどといった成分。

 

これらはすべて化学成分になりますので、その分頭皮にダメージを与えてしまうことになります。

 

シャンプーのボトルを見た時に、植物性の成分や植物エキスなどが多く配合されているシャンプーを選んであげるのも、敏感な頭皮には大切です。

 

③シリコン成分も要注意 髪の毛をさらさらとした、艶のある髪に仕上げてくれるシリコン。

 

医療現場などでも使用され、昔から使われている成分でもあります。

 

しかし、すすぎが不十分だと毛穴に詰まってしまい、頭皮に負担をかけてしまうことに。

 

薄毛の原因になるとも言われるシリコンは、頭皮が敏感な時期には使用を避け、ノンシリコンシャンプーを選ぶようにしてみると良いでしょう。

 

いかがでしたか? ストレスや季節の変わり目の他にも、産前産後や、何かの病気に対する治療の過程などで影響を受けやすい頭皮。

 

フケが出たり薄毛になってしまう前に、いち早く変化に気づけるのは自分自身です。

 

シャンプーを変えてみることで、艶がある美しい髪と健康な頭皮を手に入れたいですね。